個人再生で返済を楽にしよう【借金減額制度のひとつ】

説明

借金問題について

個人再生をする際には弁護士事務所選びが大事です。交渉が決裂するなんてことがないようになるべく個人再生を専門としている弁護士事務所に頼んでおきたいところ。弁護士事務所のコストについても弁護士事務所に依頼する前にチェックしておきたいところです。

ジャッジガベル

借金をなんとかする

個人再生をすることで借金額を大幅に減らせることがあります。とはいえ、個人再生などの債務整理をするとクレジットカードなどが作れなくなります。他に、個人再生は手続きも煩雑なことも気をつけておきたいところです。

本

人生をやり直すための方法

弁護士や司法書士といった法律の専門家の力を借りる個人再生は、任意整理と違って借金の返済額を大幅に圧縮することができます。裁判所に認めてもらうための手続きなども専門家が書類を準備してくれるのでスムーズに進みます。

天秤

手続きについて把握

債務整理を行う方法の1つとして、個人再生がある。個人再生を進める場合には、必要な書類を揃え、資料を作成し裁判所に提出する必要がある。これらに手続きでは、法律事務所などに相談しながら進めていくことが通常である。

男性

借金で悩んでいるのなら

マイホームを維持したまま借金問題を解決したいと悩んでいるのであれば、個人再生が認められないかどうか弁護士に相談してみるのがよいといえます。借金問題は一人で悩んでいるだけでは解決できないので、早めに専門家に相談してみることをお勧めします。

財産を残し再生を図る

男性

制度利用に必要要件がある

個人再生とは、裁判所による借金減額制度のひとつです。条件が整えば住宅や車などの財産を残したまま手続きをすることができるというメリットがあります。個人再生では、借金が5分の1減額することも可能です。減額された借金は、原則3年間で返済を行います。特例が認められれば、5年までの長期分割返済が認められます。制度を利用できるのは、住宅ローンを除いた借金が5000万円以下の方です。個人再生の手続は、原則として住居地を管轄する地方裁判所で行います。個人再生の手続きには、小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。小規模個人再生は、小規模な個人事業主を対象に作られたた制度ですが、個人でも利用が可能です。対象となるのは、借金が5000万円以下で継続して収入を得る見込みのある方です。制度を利用するためには債権者の2分の1以上の反対がなく、かつ反対をした債権者の債権額の合計が全債権額の2分の1を超えない必要があります。給与所得者等再生は、小規模個人再生を利用できる方の中で安定した給与等の収入があり、給与変動が少ない方が利用できる制度です。給与所得等再生は、小規模個人再生のように債権者の2分の1の反対がないなどの要件はありません。ただし、過去7年以内に破産法に基づく免債決定を受けている場合、給与所得者再生を受けることができません。個人再生を受けるには、申立書の準備や個人再生委員の面談など専門知識の必要な手続きがあります。また、貸金業者との交渉も必要となります。法手続きに長けた弁護士など専門家の力を借りると、安心して手続きに臨むことができます。